笑って健康

メインは「はっちゃん」の日記、時々はっちゃんの部下達による乗っ取りがおこります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どういうつもりだ!?

 今回は本当に頭に来ました。イヤマジで
以前民間の監査機関に料金を支払って委託すると言う話を書いたと思いますが、その料金は口座から自動引き落としになるらしいです。
 で、22日に口座引き落とし手続きの催促の封書が役所から届きました。忙しいさなか同僚のケアマネさんが手続きに行ってきました。

 催促がくるくらいだからそろそろ報告書(監査用)のダウンロードができるんじゃないかと思って役所のサイトに行ったところ


           「提出期間の延期」
 ってサイト閉じてるじゃん。ふざけんなよ。こっちは急がせておいてお前は用意しないのか!?そもそも18日には書類の入手が可能だと手紙まで送ってよこしたじゃないか。仕事しろ仕事!!!

どうせ民間委託も天下りの受け入れ先なんだろうよ。すでに破綻してる介護業界のさらに首絞めてどういうつもりなんだよ、と。

むしろ、出産費用の全額負担とかさっさと始めて少子化対策に金を使えと言いたい。
スポンサーサイト

テーマ:介護保険制度の改正について - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/05/26(金) 09:27:25|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

監査の民間委託

 CMの担当人数上限が大幅に減らされ提出書類も増加するという、恐ろしい改正が四月にあったばかりだというのに
 川崎市では他県・他の自治体に先駆けてさらにとんでもない事態が起ころうとしています。
 介護系事業所への監査を民間委託しようというのです。しかも毎年一回!!
 概要は民間業者に業務別の手数料を支払って監査を依頼するというもの。そしてこの監査に通らなければ業務ができないそうです。要は車検みたいなもの?
 恐ろしいのは複合でやっていると監査料金がそれだけ上がるということ。居宅支援+訪問看護+通所介護なんかですと10万近い金額になってしまいます!!
 これはつまり、もうやるなと言うこと!?

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/05/08(月) 10:28:01|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとに最近介護ばかり?

 これは介護に限った話ではないのですが、「予防介護」つまりいかにして今以上に機能を落とさないか、またできる限り機能を向上できるかというのは本当に難しいです。
 役所の研修会を受けても丸投げ風味なのがかなり気になりますが、とかく無気力だったりとかなんとなく生活しているうちにADL(日常生活動作)が落ちてしまったなんてパターンは本当に多いです。そういう方々にリハビリや日常の訓練をしてもらうには訓練以前の「やる気」から持ち上げていかなければなりません。
 ただこの手の話って「気がついたらこんなに太ってました」とか「気がついたらこんなに部屋が汚れてました」みたいな状況と非常に良く似ています。
 私は訓練をすべき相手と会話が成立すればの話ですが、まず自分の現状を客観的に本人に認識してもらうことからはじめます。さらに可能であれば、同年代の動ける方に手伝ってもらい「同じ年でもこんなにできるんだよ」っていうのを見せます。
 ここでよくあるのは「あの人は特別なのよ」といったあきらめや、現実にショックを受けすぎてさらに気力がなくなるパターンがあります。よくあります。
 そんなときは一番基本的な手法の「ゴール設定」を極端に短くします。本当に短いです。かつ明確にできない状態とできた状態の差が生じるものを選び出します。そうやって成功体験を積み重ねていって次第にやる気を出させるというやり方でリハビリを進めています。
 もちろん相手を見て最終ゴールまで提示してしまうか、短期ゴールのみ伝えるか、またはとりあえず指導しながら生活してもらうかのさじ加減が重要ですが、今後予防介護が定着してくると間違いなく「やる気」をどれだけ刺激できるかが重要なウエイトを占めてくると思います。

テーマ:ケアマネ - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/03/05(日) 18:50:04|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

点数関係の訂正を

 研修に行ってきましたので、前回の訂正を含めまして新たな記事を。
まず新しい段階別は要支援1・2 要介護1・2・3・4・5単位的には
要支援1,2が包括センター預かりでケアマネに委託が来た場合初回650点/月で二回目以降400点/月。
要介護1,2は1000点/月 要介護3,4,5が1300点/月
減算件数は要支援を八人見たとして一件当たり0.5人換算で先の35人と合わせて最大39件まで。つまり40件目から減算され始め、
40~59件で要介護1,2:600点/月 3,4,5:780点/月
60以上で 要介護1,2:400点/月 3,4,5:520点/月
経過的要介護は850点/月 介護予防支援400点/月 初回加算として250点/月
になるそうです。
要支援が介護予防支援というカテゴリーに入るそうですが、点数低いし書類大いしなんかも……。

テーマ:ケアマネ - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/03/01(水) 15:32:07|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経営者的な視点から見て

 つっこみ大歓迎なのでよろしくお願いします。まだわからないことも多いのです。
 連続で介護系の話ばかりなのですが、自身の勉強もかねて。
今後予防給付が始まると
要支援・介護度1・介護度2に関しては包括センターからの委託で
一件400点で、これが8人まで委託可能
介護度3・4・5は35人までで一件1300点。
包括からの委託以外の35人以上は減算されるが基本的に今までのような上限がなくなったと言っていい。とここまでであっているかどうか不安ですが。
 たぶん8人と言う数字は利用者全体から見た場合の軽度介護者の数から割り出しているのかもしれませんが、三割未満になっているのが気になります。
 ここからは役所の方からちらっと聞いた話なのですが、地域包括センターに常勤専従で軽度の利用者を扱うケアマネを3人置くらしいです(たった三人!!)当然とても足りないため、非常勤でケアマネを雇うと言う話がらしいのですが、雇う資金もないそうです。そうすると大部分の利用者が認定期間更新の日を過ぎても現行のケアマネ担当になる可能性が出て、しかもその方々の点数は400点のまま?ピンはねじゃない!?当然担当を断る事業所もでるでしょうし、今決まっている8人と言う枠も拒否することが可能なのでやはりケアマネ難民が増える可能性は大です。

 今まで居宅支援事業と何らかの介護施設を併設でやっていた場合少なくとも何割かは自分の施設の利用者としてそれで経営が成り立っていた部分があります。しかし、新予防給付とともに出された減算項目では不自然に併設施設に利用者を送った場合減算になるようなことが書かれていました。
 たとえば35人すべてが中度以上だったとして
1300×35人×特甲地加算10.6+400×8×10.6=482300円+33920円
合計516220円がケアマネージャーが稼げる理論上最大値です。
しかし、入院した利用者が出た場合点数はもらえずしかも契約は続行中なので一人でも増やせばオーバーして減算対象に。
 これに諸経費も含まれるのでケアマネ一人あたりが稼げる金額は30万超ということになります。
 雇う側としてはあまりおいしくありません。というわけで自分の施設に利用者を入れてもらおうとするわけですが、これも無理となるともう……どうしたらいいか!?
あとは数社と連合して利用者を振り分けていく作戦ですが、うまく協調が取れるかどうかもむずかしいところかと思います。

テーマ:ケアマネ - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/02/25(土) 17:50:32|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。