笑って健康

メインは「はっちゃん」の日記、時々はっちゃんの部下達による乗っ取りがおこります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たんぱく質!!

 赤い筋肉と白い筋肉の話の続きをする前に、筋肉が何でできているか?そもそもこれを知らなければ「ダイエットはしたけど脂肪が減らずにに筋肉が減ってしまいました」なんてことになりかねません。
ちなみに、筋肉1立方センチと脂肪1立方センチでは筋肉のほうが断然重いです。
 なので失敗したダイエットで最も恐ろしいのは脂肪が減らずに筋肉が減った場合。この現象、体重計の数字はかなり痩せたように感じます。でも実際は、基礎代謝は落ちるし運動時消費カロリーも落ちるし、脂肪は減ってないから血管や心臓に負担はかけるし、ぶっちゃけさらに太る準備は万全!!!!あなたの脂肪は死ぬまで安泰です。って体を作り上げたことになります。(現在はこの辺の話も常識に近いので危ないダイエットをする人も少ないでしょうが)
 脂肪でだるまさんより筋肉でだるまさんのほうがいいでしょう。いっそ脳みそも筋肉にしてしまうときっと幸せです。
そ・こ・で!!!!
tamamanaltutou

納豆200こ買ってみました。かの有名なボクシングの亀田家も愛用!
院の支給品として購入です。安価で高たんぱく、低脂肪。だそうです。 【“たんぱく質!!”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:健康的なダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/24(月) 11:19:56|
  2. SAIYAのレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ダイエットの話(赤と白の筋)

 さて予告どおり今回は腹式呼吸の効果を説明します。
いろいろなダイエットを試している方はすでに知っていることかもしれませんが、人体で一番エネルギー(カロリー)を使う部分は筋肉です。
さらに筋肉にも走ったり、物を持ち上げたりする白筋と呼吸や姿勢の維持に使う赤筋の二種類があります。
 この二種類の筋肉の中でも基本的なカロリー消費が高いのが「赤筋」です。呼吸に使う筋肉も赤筋です。
 ダイエットのためにあえて走ったり、筋力トレーニングをしたり、というのはとても大変だし続かないから失敗することも多くなります。しかし、呼吸を使ってのダイエットなら24時間やっていることなのでさして苦労はないかなと思います。
 ただし、ただ息をしているだけではやせるほどのカロリーは消費しません。そんなことでいちいち痩せていたらいくら食べても足りないことになってしまいますので、動物はなるべくエネルギーを使わずに呼吸をしています。
 そこで、呼吸の仕方をエネルギーを使うものに切り替えて痩せる。そのための呼吸法が腹式呼吸というわけです。

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/19(水) 17:15:58|
  2. SAIYAのレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご無沙汰なかんじで

 ものすごーく、久しぶりになってしまいました。気がついたら前回の更新が3月25日!!やばいやばい。しかもプラモデルの記事なんていうおかしなものに……。
 復活記事ということで今回は腹式呼吸の話。
 ダイエットの視点から言うと、腹式呼吸は筋肉の消費するカロリーを増大させかつ燃料である酸素を効率的に取り込むことができるとても有効なものだといえます。ところが普段腹式呼吸で呼吸をしているかというとそうでもありません。というわけでまず自分が腹式呼吸をすることができるのかをチェックする方法です。
簡単な方法として、肋骨の一番下の周囲に長めのタオルか伸び縮みしない布を息を吐いた状態で巻きつけます。巻きつけた状態で息を吸ってみてすえない感覚が強いときは普段腹式呼吸をする癖がついていません。
 そのほか腕組みをした状態で息が吸いづらくなる方もあまり腹式呼吸をしていない方です。
 次回は腹式呼吸の効用とエネルギー消費率の話を書きます

テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2006/04/16(日) 16:25:24|
  2. SAIYAのレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。