笑って健康

メインは「はっちゃん」の日記、時々はっちゃんの部下達による乗っ取りがおこります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どういうつもりだ!?

 今回は本当に頭に来ました。イヤマジで
以前民間の監査機関に料金を支払って委託すると言う話を書いたと思いますが、その料金は口座から自動引き落としになるらしいです。
 で、22日に口座引き落とし手続きの催促の封書が役所から届きました。忙しいさなか同僚のケアマネさんが手続きに行ってきました。

 催促がくるくらいだからそろそろ報告書(監査用)のダウンロードができるんじゃないかと思って役所のサイトに行ったところ


           「提出期間の延期」
 ってサイト閉じてるじゃん。ふざけんなよ。こっちは急がせておいてお前は用意しないのか!?そもそも18日には書類の入手が可能だと手紙まで送ってよこしたじゃないか。仕事しろ仕事!!!

どうせ民間委託も天下りの受け入れ先なんだろうよ。すでに破綻してる介護業界のさらに首絞めてどういうつもりなんだよ、と。

むしろ、出産費用の全額負担とかさっさと始めて少子化対策に金を使えと言いたい。
スポンサーサイト

テーマ:介護保険制度の改正について - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/05/26(金) 09:27:25|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぴーかんバディの白豆ダイエット

 ぴーかんバディ、早々とやってしまったようです。
 常々思うのですが、ああいった番組の草分け的な「思いっきりテレビ」や他の健康系テレビ番組全てに言える事ですが、「発表された方法が万人に有効なわけではない」ということをメディアも見る人も忘れているような気がしてなりません。
 あまり笑い話にもなりませんが、以前私はみのもんたの番組を欠かさず見ていました。役立つ情報を捜すためではありません。お昼にそれを見た患者さんが午後の診療時に番組の内容について質問してくるからです。
 私は昔も今も同じ答えを患者さんに出します「患者さんがいいと思うならやってみてください。ただし自分の責任で。」
 私は全てメディアが悪いわけではないと思っています。情報を受け取る側が内容を聞き飛ばしていたり、曲解していたり、方法そのものを間違っていたり。今回の「ぴーかんバディ」もちゃんと注意を促していたはずです。
 「注意の促し方が足りなかった」とか「番組を信じてやったのに」なんて苦情を言う方は「自己責任」という言葉をぜひ心に刻んでほしいと思います。
 ダイエットは少なからずリスクを伴うものです。自分の体をいろんな方法でコントロールしようとするわけですから。願わくば「体脂肪の不自由な人」なんて呼ばれたくないものです。
 「自己責任」なんて言葉も企業側に悪用されたりするものなんですけどね。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/11(木) 01:11:00|
  2. SAIYAのレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんかこう…

 今まであんまり意識してなかったのですが、最近「矛盾」という言葉がすごく気になります。
 よく「言動が矛盾している」っていうじゃない?私は厳密に言えば矛盾していることってあんまりないんじゃないかと思っています。
 故事来歴の矛盾で言う、最強の盾と比類なき矛。二つをつき合わせたらどうなるか?っていうのがもともとの始まりで、そもそも盾と矛っていう同じ「戦」という壇上に立って初めて対立するものだと思います。
 ちょっとむずかしめで言うと、二つのテーマがあって一方が正しいと支持されたなら自動的にもう片方のテーマは間違っていることになる。そんな感じの言葉だと思うんでです。
 よく一貫性がない発言に対しても「矛盾」という言葉が使われますが、はたして本当に矛盾しているのか?
 身近な問題を例えに出しますが、「おばあちゃんを施設に入れたい家族」「在宅で過ごしたいおばあちゃん」相反してます。このまま話したんじゃ平行線です。
 この件を家族と話している時は「ご家族も大変でしょう施設を考える方向でいきましょう」として。
 おばあちゃんと話している時は「家に居たいんですね。家族に掛け合ってみましょう」としたばあい。
ここでおばあちゃんとほかの家族をひとつの世帯としてしまった場合、私の言動が矛盾していることになってしまいます。
 でも、一人一人が個人で個人の意見を聞きながらという観点でやっていくと相談しながら問題を詰めていく。という作業をしていることになります。(もちろんこの場合は最終的なところまで在宅ですが)
 「矛盾」という言葉を使うあまり0と1の間の揺らぎの意見や揺らぎの立場を無視しすぎているような気がします。
 誰かの矛盾した言動でも観点や主眼を変えたら矛盾していないのかもしれません。
 そういえば色恋沙汰でも多いですよね。「あなたの言うことは矛盾してるのよっ」なんてセリフ。それこそ人の心なんですから盾にもなるし矛にもなる、重要なのは寛容さなのではないかと思います。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

  1. 2006/05/10(水) 01:20:27|
  2. SAIYAのレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

監査の民間委託

 CMの担当人数上限が大幅に減らされ提出書類も増加するという、恐ろしい改正が四月にあったばかりだというのに
 川崎市では他県・他の自治体に先駆けてさらにとんでもない事態が起ころうとしています。
 介護系事業所への監査を民間委託しようというのです。しかも毎年一回!!
 概要は民間業者に業務別の手数料を支払って監査を依頼するというもの。そしてこの監査に通らなければ業務ができないそうです。要は車検みたいなもの?
 恐ろしいのは複合でやっていると監査料金がそれだけ上がるということ。居宅支援+訪問看護+通所介護なんかですと10万近い金額になってしまいます!!
 これはつまり、もうやるなと言うこと!?

テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/05/08(月) 10:28:01|
  2. 介護系の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。